マニュアル制作会社を利用しよう【雑務の時間を大幅カット】

商談データで非効率を防止

婦人

効果的な商談を一元管理

営業職員をはじめ、商談する機会が多い方は日々多くの顧客や取引先と接していて、誰とどのような話をしたかや、どこまで話を進めたのかが曖昧になってしまったり、見込み客なのか見込みがないのかや、次のチャンスがあるかなども整理ができなくなることがあります。そのためにノートや手帳に書き留めたり、最近ならパソコンで文書化したり、報告書を作成して管理されている方も多いと思いますが、個々で商談管理をしていると、それぞれマチマチで分かりにくくなり、紛失や情報漏洩、ファイル消失などのリスクも伴います。また、企業というところは突然の離職リスクをはじめ、人事異動や転勤による担当者交代も多く、その方が体調不良や有給休暇で休んだ際に顧客や取引先から連絡が入って直ぐに対応する必要に迫られるケースも出てきます。そうした際に個々がノートに書き留めていたり、自分のパソコン内だけで商談管理をしていると、他の方が対応できません。企業においては情報は共有が基本で、ライバルである営業職の間でも例えば上長や部署の管理者は把握しておく必要があります。そのためのツールとして役立つのが商談管理システムです。商談管理システムでは、顧客や取引先ごとにデータベースを作ることができ、いつ何処でどんな話をしたかを時系列に分かりやすく記録したり、発注内容など取引履歴なども記録できます。検索機能などもついたり、アテンションを立てたり、引継ぎ事項や顧客の取り扱いに関する注意点などもまれば、しっかりと伝えることができます。

Copyright© 2018 マニュアル制作会社を利用しよう【雑務の時間を大幅カット】 All Rights Reserved.